2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

菜菜倶楽部 カレンダー

« 熱田神宮〜二見興玉神社 | トップページ | アイヌ勉強会 »

伊勢神宮 平成最後の神嘗祭













3度目の神嘗祭は、見るだけでなく、ご縁があり、参加させていただく事ができました。

神嘗祭とは、「今年も稲穂ができました。これで1年間、命をつながらせていただきます。ありがとうございました。稲穂をくださいました天照大神さまがいちばん先におあがりください」と、いって新米を神様に召し上がっていただくという、伊勢神宮の年中行事でいちばん大事なお祭りです。

早朝の、特別参拝。
正装で、朝陽をあびながら、淡々と歩きます。




夜も特別参拝。

たいまつの灯りだけなので、足元も真っ黒な中、斎主黒田清子さまはじめ、神官さん達を、見させて頂くというもの。
もちろん、撮影禁止、スマホも照明も禁止です。

22:00と、02:00と、12:00に、3日間続くこのお祭り、ほぼほぼ、寝ないでお祈りしてくださっていたのですね。
新米の他、タイ、アワビなども奉納するそうで、途中アワビを調理する(ふりだけですが)儀式があったり、知らない世界を沢山体験させていただきました。


写真は、深夜12:00近くですが、内宮の鳥居を⛩出て、ホッとしたところ。

神嘗祭神嘗祭 動画はこちら




神楽殿で、お神楽4番奉納、素晴らしかった。
動画神楽 動画はこちら



内宮特別参拝は、いくつかある門の内側、玉砂利の上で正座しての参拝をさせていただきました。



初穂曳きにも、参加。
船に、お米とお酒を積んで、川の中を宇治橋までひいていきます。
お揃いの法被と、手ぬぐいでねじり鉢巻で、川に入る前の笑顔。


木遣り

毎年、担当の地区が持ち回りで仕切るそうで、今年は大湊地区の皆さんです。



いよいよ、川の中へ

初穂曳き動画ニュース

この中に居ます。
1mm位、映ってるかも(笑)


なんとなんと、大湊地区の男いきな計らいで、遠くから来たのなら、と、最後尾で舵とりまでさせてもらいました。
重い船が、エイヤー!エイヤー!の掛け声で、右へ左へ。

ちなみにエイヤー!は、弥栄(いやさか)を逆読みしたそうです。

さらに、男いき満載のおじさま、赤福までご馳走していただいちゃいました。
名前も名乗らず、一期一会で良いという、粋を感じました。
じゃがいもとか、北海道の美味しいもの、送ってあげたかったのに、、、とも、思いましたが、このお礼は、別なところで、誰かに恩送りすれば良いのかもしれませんね。




宿泊したすぐ裏には、合格神社の横の大木。
すごいパワーを感じてきました。




宇治神社⛩は、足神さまとしても有名で、野口みずきさんなど、有名な陸上選手も来ていたようです。
正座慣れしていない私、帰りに癒されました。



山中隆雄先生の、「日本の心を伝える伊勢神宮」
講座を受け、感動して購入しました。

帰り道、あと、バスの時間まで30分て時に、偶然見つけた「茶房やまなか」なんと、店頭に、山中先生が、ふつうにお土産の試食をすすめたり、レジ精算まで、されていました。
あんなにすごい先生なのに、一般の観光客からは、おっちゃんと呼ばれ、、、
気さくに、サインもしていただきました。



あっという間の3日間
学びあり
涙あり
笑いあり
出会いあり
再開あり
感謝あり

主催の先生達にも、感謝感謝です。

« 熱田神宮〜二見興玉神社 | トップページ | アイヌ勉強会 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/64641/74442889

この記事へのトラックバック一覧です: 伊勢神宮 平成最後の神嘗祭:

« 熱田神宮〜二見興玉神社 | トップページ | アイヌ勉強会 »