2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

菜菜倶楽部 カレンダー

« 【2014 年12月 講座のご案内】 | トップページ | 【野菜だより】2015年1月号に掲載して頂きました。 »

「思いの力」の教科書より














book cafe 風味絶佳さんで味噌づくり。
2012年
2013年
2014年
毎年、12月始めは、味噌づくりをさせて頂いています。その他、夏休みや不定期にも開催しています。

book cafeということで、本のご紹介をするのですが、今回はこちら。




「知識を学ぶのではなく、人から人間性を学ぶ」

我々は生まれてすぐ、親からいろいろなことを学びます。
その学び方は、まず良いことか悪いことか、安全なことか危険なことか、そして物の名前や言葉の意味を学びます。
こうした学び方は大きく二つに分かれます。
人から学ぶことと、書物や事象から学ぶことです。
成長するにつれ、現代では情報や書物といった学校で学ぶことや、インターネット・TVなどメディアから学ぶことが多くなり、人から学ぶことが少なくなっています。
同じ事項を学ぶにあたっても、その面白味や興味、さらに自分の中に取り入れる内容には誰から学ぶかによって、大きく違いがあります。すなわち自分が好きで好きで信頼できる人(先生)から学ぶのは、楽しくて、知らず知らず無理なく学べ、身につくものです。逆の場合は、どんなに努力を重ねても成果が上がらず、嫌気がさします。
なぜ、このようになってしまうのか。
それは学ぶ人の持つ人間性、人間的魅力を学びながら、事項を学ぶからです。
したがって、「思いの力」を成長させるには、知識を学ぶのではなく、信頼出来る人の人間性から学ぶことにより、その人の持つ「思いの力」を吸収し、自らの「思いの力」を大きく成長させることができるのです。
「思いの力」を強くもつためには、できるだけ好きになれる人、信頼できる人の持つ人間性を学び、その人間性の中にある「思いの力」を学び吸収することです。

P58より


色々な講座を開催している先生達にお会いしますが、改めて原点を考えさせられます。
集客が、、、とか、
プレゼン資料が、、、とか、
講座代金設定が、、、とか、
テクニック的な事ではない、物事の本質の部分、自分磨きを怠らず、いくつになっても、誰からでも学ぶ姿勢が大切ですね。

« 【2014 年12月 講座のご案内】 | トップページ | 【野菜だより】2015年1月号に掲載して頂きました。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/64641/58153276

この記事へのトラックバック一覧です: 「思いの力」の教科書より:

« 【2014 年12月 講座のご案内】 | トップページ | 【野菜だより】2015年1月号に掲載して頂きました。 »